« September 2005 | トップページ

Pirates Of the Caribbean2 - パイレーツ・オブ・カリビアン/デットマンズ・チェスト

新宿ミラノ座で「パイレーツ・オブ・カリビアン/デットマンズ・チェスト」を鑑賞。

監督ゴア・ヴァービンスキー、前回からのカリブの海賊メンバー、ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ出演。さらに今回の悪役、キャプテン・デイビー・ジョーンズには、「ラブ・アクチュアリー」でBAFTA助演男優賞を受賞しているビル・ナイが演じている。

前作から引き続き観た方が、話のあらすじがわかりやすいかもしれない。前回の海賊バルポッサ(ジェフリー・ラッシュ)や、どういった経緯で海賊船ブラックパール号をジャック・スパロウが持っているのかなど、今回の話にも続いていくので前作をDVD鑑賞した後、真っ先に映画館に直行するのがオススメ。

前回のディズニー映画という感じは薄れはしてるけど、コミカルにできた娯楽作品ということには変わりない。その中でも今回はもう少しストーリー性に趣がおかれた感はあったと思う。映画としてはすでに前回「カリブの海賊」ネタを使っているため、今回は趣向を凝らしたエンディングになっている。そういった意味でもストーリーに重点がおかれた映画なのかもしれない。この熱い夏に観てほしい、面白いオススメ映画の1本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STAY

久しぶりの更新
昨日は恵比寿ガーデンシネマで、「STAY」を鑑賞。

マークフォスター監督の今作品は、ストーリーをなめているだけではわからない点がいくつかあるが、ストーリーが進むにつれて、最初に感じていた違和感が少しずつなくなっていった。最後まで鑑賞し、オフィシャルサイト『ステイ』を観て納得できたところはあったが、それでもまだ僕の中で「なぜ」という謎はいくつか残っている。その「なぜ」という謎が何であるかはここでは問わないでおきたい。多分いろいろなサイトで問われているだろうし、そのネタを話すよりも先に、みんなに観てもらいたいと思ったからだ。ガーデンシネマでは今週金曜日までの上映らしい。

率直な感想を言えば、最後のクライマックス、それまで疑問に思っていたことがすべて繋がり納得のクライマックスだった。VFXもすばらしく良く、最後まで見通すと、とてもストレートな映像表現だったように思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)