« 亡国のイージス | トップページ | リンダ リンダ リンダ »

THE ISLAND

本日は仕事も早く片付いたので、渋谷ピカデリー2で19時の回『アイランド』を鑑賞。

なによりも、脚本が面白いと思った。近未来サスペンスにアクションを織り交ぜた、マイケル・ベイ監督の彼らしい作品に仕上がっている。

2019年、自分たちが地球の大異変からの生き残りというところから始まる。大気汚染から生き残って、生活をしてるコミュニティへ移住してきて早3年。ここで暮らす人々の楽しみといえば、ときどき行われる抽選会だ。運がよければ、地球で唯一汚染のない楽園”アイランド”に旅立てるという筋書き。

しかし、「なぜ?」といった疑問を主人公、リンカーン・6・エコー(ユアン・マクレガー)は抱き始める。”何故いまだに大異変からの生存者が見つかるのか?”…
ある日、換気口から進入してきた蛾を発見する。蛾はどのようにして入ってきたのだろう?外は汚染されているんじゃないのか?外の空気は汚染されているという事実に疑問を持った彼は、捜査を開始するのだが…。そんな疑問を持っている中、楽園”アイランド”の抽選に、友だちのジョーダン・2・デルタ(スカーレット・ヨハンソン)が当たり、明日の”アイランド”行きに胸を躍らせていた。
疑問を掻き消せないでいるリンカーンは、施設を探索しているうちに、”アイランド”の真実を目撃してしまう。差し迫る恐怖を振り払い、友だちのジョーダンと共に、生存をかけた逃亡が、今始まる。

感想
脚本のアイデアは面白いと思った。また、カメラ回りや、VFXには、タダ脱帽。ヴィジュアルセンスは、ハリウッドの中でも抜きに出てよかったと感じた。また、バイクや車、ボートにアムトラックにいたるまで、細かいディテールの入ったVFXショットやライブショットは、それをリアルか否かを判断する感覚をもうまい演出をも相まって、かき消してくれた。
ヴィジュアル・テクニカルな部分、特にカーチェイスに関しては『ザ・ロック』を観てもわかるように、マイケル・ベイ監督らしい味つけになっていて、かつVFXの発達によっても、エンターテイメントとして楽しめた。

この映画の本質は、生きようとする人間と生き残ろうとする人間だと、監督は言っている。生きたり、死んだりする権利を誰が持っているか。また人間が好奇心を持ち、興味を示したことへの探求が、生きることの証明に感じた映画だった。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76640/5286584

この記事へのトラックバック一覧です: THE ISLAND:

» 8.1 THE ISLAND [瑞旗の学校あんど家庭生活から]
  アイランドを見てきました。いやはや感動作品と思いきやなかなかのアクションムービーですな。一見の価値ありです。僕が思うに純粋な恋って言うのはまさにこんなもんものだと思います。恋の初心を忘れた方は是非是非。(笑)   聞くところによると映画鑑賞(字幕... 続きを読む

受信: Aug 3, 2005 11:08:24 AM

» アイランド [In my opinion・・・から]
う〜ん、この夏はSF三昧だ!ヾ(´▽`;)ゝ この「アイランド」もかなり良い感じのSFでした。 毎日抽選が行われる地上最後の楽園「アイランド」へ行かれる権利を得るために皆、それぞれ思い思いに過ごし、まだ見ぬ楽園「アイランド」への夢を馳せている。地上は汚染さ... 続きを読む

受信: Aug 3, 2005 2:08:25 PM

» THE ISLAND(2005,U.S.) [The Final Frontierから]
 やっと観てきました。Ewan McGregor様主演の THE ISLAND  予告編の段階で半分くらいネタバレしているようなもので(クローンだの 施設(?)から逃げるだの…)、あんまり細かいことを気にしなければ観て楽しめる。そんな感じの映画でした。なんてったって監督がマイケ..... 続きを読む

受信: Aug 18, 2005 11:56:23 PM

コメント

コメントを書く