« Robots | トップページ | Der Untergang ヒトラー  ~最期の12日間~ »

Bewitched - 奥様は魔女

昨日のことになっていしまうが、有楽町丸の内ルーブルにて16時30分の回の『Bewitched - 奥様は魔女』を鑑賞。

TV版の「Bewitched - 奥様は魔女」をモチーフにした作品。この作品を単なるリメイクにしないところに、監督の斬新さが見て取れる。見ている側も、TV版に対するオマージュと、これから始まる新しいストーリーへの期待感とで、楽しめる作品に仕上がっていた。

監督は、ラブコメを取らせたらこの人しかいないと思わせるくらい僕の好きなノーラ・エフロン(『SLEEPLESS IN SEATTLE』、『YOU'VE GOT MAIL』)。脚本は、監督の実の姉妹でもあるデリア・エフロン(『YOU'VE GOT MAIL』)。制作にはダグラス・ウィック(『GLADIATOR』、『WORKING GIRL』)、ルーシー・フィッシャー(『PETER PAN』)、それにペニー・マーシャル(『CINDERELLA MAN』:制作、『Big』:監督)らが顔をろえる。これに、衣装のメアリー・ゾフレス(『THE TERMINAL』)。音楽には経験豊かなジョージ・フェントン(『GANDHI』、『YOU'VE GOT MAIL』、『DEEP BLUE』など)すべてが、本当に実力派の面々が顔をそろえた作品。

キャストも豪華な面々。主演のイザベル/サマンサ役には オスカー女優二コール・キッドマン(『THE HOURS』)、相手のダーリン役には、コメディアンとして押しも押されぬ人気のウェル・ファレル(『MELINDA AND MELINDA』)。その脇を固めるサマンサの母-アイリス役を演じるオスカー女優シャーリー・マクレーン(『THE APARTMENT』、『TERMS OF ENDEARMENT』)、そしてオスカー俳優、マイケル・ケイン(『THE CIDER HOUSE RULES』)がイザベルの父役として演じている。

物語は、魔女イザベルが魔法で何でもできる世界から普通の生活がしたい、普通の恋がしたいと、魔法を使わないこの世界・ロサンゼルスに下りてきた所から始まる。イザベルは父ナイジェルに反対されるも「私を必要としてくれる人がきっといるはず」と下がらない。一方、元ハリウッドトップスターだったジャックは、いまやTVシリーズでも泣かず飛ばずでいた。そこにTVシリーズ『奥さまは魔女』のリメイク企画が舞い込んでくる。ジャックはココで一発当てて、再び映画界へ返り咲くことを狙っていた。ダーリン役を引き立たせるため、主演であるはずのサマンサには新人女優を抜擢すること考える。なかなか決まらないサマンサ役に悩んでいたジャックは、偶然イザベルと街で遭遇。「彼女だ!彼女しかこの役をできる人はいない!」とサマンサ役にイザベルを大抜擢する。TVシリーズを通じて、お互いに惹かれあっていき、恋の気持ちが次第に二人を近づけるのだが…

感想
ノーラ・エフロン監督の最新作。これまで「めぐり逢えたら」や「ユー・ガット・メール」などラブコメとしてすばらしい出来でバランスのよい作品を提供している監督が、ラブコメそのものだけではなく、魔女と人間との恋、揺れ動く気持ちの狭間の部分とそれをどのように取り除いていくのかが今回の見所だと思った。
この作品も例に漏れず、嫌味っぽく映さず、ユーモアある演出で見せてくれている。
彼女の作品は、”映画としての楽しさ”が現れているなぁと、いつも感心されてしまう。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76640/5667834

この記事へのトラックバック一覧です: Bewitched - 奥様は魔女:

コメント

コメントを書く