« April 2005 | トップページ | July 2005 »

STAR WARS REVENGE OF THE SITH

ホント久々の更新です。
一昨日『Star Wars EpisodeⅢ』を銀座で見てきました。混雑を避けるためか、先行予約をして、席をとるシステムになっていました。
それでも人がすごかった。もう、お祭りです。日本で映画が始まるときと、終わるときに拍手をするのは、映画祭以外では、この『Star Wars』くらいではないでしょうか。

それにしても、この一大叙事詩にやっとこ終止符がついて、喉に引っかかっていた鯛の骨が取れたみたいでスッキリしました。まだ、公開前の先々行なので、ネタばれは出来ませんが、帰ってから早速『Star Wars EpisodeⅣ』を観たのは言うまでもないくらい、『Star Wars EpisodeⅢ』は良く出来ていました。
面白い点といえば、オビ=ワン(ユアン・マクレガー)が19年後には(アレック・ギネス)になってるのは無理がないか、ちょっと心配しましたが、映画を観てあなたが判断してみてください。

何のこと!?オビ=ワン!?

初めて『Star Wars』を見る人には、この作品はそれほどお勧めできません。出来ることなら、EpisodeⅣ・Ⅴ・Ⅵを見て、さらにⅠ・Ⅱを見た後に見ると、効果を発揮すると思います。まずはレンタルで観ることをお勧めします。
それでも、最初のあらすじを読んでいただければ、前回どのようなことがあって、どう進んでいるのかがわかるようになってはいるので、楽しめるとは思いますが…。

『Star Wars』はSFですが、でもヒューマンドラマでもあります。この『Star Wars EpisodeⅢ』はそのヒューマニティの部分が濃く出ているので、『Star Wars』作品群のなかでも興味深く、意味のある作品に仕上がっていると思います。

また公開後に、もう一度観てみてもいいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)