« PAYBACK | トップページ | Ray »

THE AVIATOR

実は日曜日に見た映画のレビューになってしまうのですが、今回はアビエイターを鑑賞。
監督はマーティン・スコセッシ。主演、レオナルド・ディカプリオ。前作「ギャング・オブ・ニューヨーク」に続いてのコンビで、今回ディカプリオはプロデューサー業にも参加しており、作品自体も総制作費150億円をかけた力の入った大作映画になっている。

キャストにも、スタッフにもかなりのビックネームが揃って、それだけでもこの映画にかける思いが伝わってきた。
制作にはマイケル・マン(『ヒート』・『アリ』・『コラテラル』監督業)、グラハム・キング(『ギャング・オブ・ニューヨーク』)。撮影監督にはリチャード・ロバートソン(『JFK』)、脚本には『グラディエーター』・『ラスト・サムライ』のジョン・ローガンが参加。音楽にはハワード・ショア。もちろん、スコセッシ・ファミリーのセルマ・スクーンメーカー【編集】。絵となるキャストにはイアン・ホルムやジョン・C・ライリー、アラン・アルダ、それにウィリアム・デフォー、などが脇を固めていて、ほかにもジュード・ロウ、アレック・ボールドウィンも参加。またこの映画で、アカデミー助演女優賞受賞、ケイト・ブランシェットがキャサリン・ヘップバーン役を演じているのだが、顔は似ていなくても雰囲気やしゃべり方など、往年のキャサリン・ヘップバーンを思い出すくらいに、すばらしいパフォーマンスをしている。

物語は世界一の富と名声をもったハワード・ヒューズという男の話。舞台は1927年から20年間に集点を当てた彼の人生を描いた作品。
採掘などで財を成した父の莫大な遺産を引き継いだ若干20歳のハワードは単身ハリウッドへ。父の遺産を元に映画『地獄の天使』を制作。総制作費380万ドルのこの映画は空中戦撮影のためカメラ26台用意しスタントも自らこなし、過去に例のないアイデアと撮影方法で、大ヒット。一躍時の人となる。映画ではさまざまな話題を振りまき、キャサリン・ヘップバーンやエヴァ・ガードナーらと恋に落ちる。ショウビズ界のみならず、自ら航空会社を設立。世界最速の飛行機を製造するだけでなく、自ら飛ばしてしまう破天荒な一面も見せる。その後TWAを買収し、国際線を独占するパンナムとの熾烈きわまる争いなど。成功と挫折、恐怖と波乱に満ちた人生の先に待つドラスティックなラストとは。

感想。
最近の映画には珍しく、市民があこがれる生活や夢、現実には手の届くところにないモノがスクリーンに映し出されているようで、大変華々しく感じた。一人の人間が成功の果てに見る寂しさや悲しみが胸にジンときた。
映画の中に出てくる「way for the future...」というフレーズは、僕らにも投げかけているような言葉にも感じ、未来への希望と夢、そしてそこに対する責任を一人一人背負っていかなければならない重さみたいなモノもちょっとばかし、考えながら映画館を後にしました。なかなかの作品。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76640/3480135

この記事へのトラックバック一覧です: THE AVIATOR:

» 映画「アビエイター」 [RAKUGAKIから]
映画産業と航空産業。その二つの分野でトップをつかんだ男の夢物語。ビジネス戦争有り 続きを読む

受信: Mar 29, 2005 6:57:55 AM

» ★「アビエイター」 [ひらりん的映画ブログから]
公開初日のナイトショウ(24:00〜)で見てきました。 いつものチネチッタ・・・1本観ても駐車場代200円で済むからね。 初日なので、ディカプリオのナマ写真もら... 続きを読む

受信: Mar 30, 2005 4:42:48 AM

コメント

コメントを書く