« January 2005 | トップページ | March 2005 »

パッチギ!

ぷぁ~、久しぶりに熱い日本映画をみた。映画館を出たときには心地よいものを感じました。
今回みた『パッチギ!』は、テレ朝「虎の門」こちトラ自腹じゃ!の井筒和幸監督の作品。

パッチギとは頭突き・乗り越える、突き破るという意味があるらしい。確かにパッチギ!った作品だった。

舞台は1968年の京都。府立東高校と朝鮮高校は敵対していて毎日のように喧嘩に明け暮れていた。この事態を収拾するため東高校の教員・布川(光石研)はサッカーの親善試合を申込もうと、使いとして東高校に通う主人公・松山康介(塩谷瞬)に頼む。恐る恐る朝高についた松山だったが、心地よい音色に誘われて音楽室へと足を向けてしまう。このことをキッカケに朝鮮高校のリ・キョンジャ(沢尻エリカ)に淡い恋心を抱いていく。しかし、そこにはある問題が。朝鮮高校きっての不良グループ番長リ・アンソン(高岡蒼佑)がキョンジャの兄であることを知る。

頭から離れない、キョンジャへの気持ちとあの心地よい音色。ある日、楽器店を訪れた松山はそこで、この曲が発中止の措置をとられたいわくつきの曲「イムジン河」であることがわかる。ギターを買い、朝鮮語の辞書を手に、キョンジャと仲良くなりたいという思いで練習し勉強していく。楽器店で知り合った坂崎(オダギリジョー)にコンサートの招待を受け、キョンジャへ勇気を出して電話をするのだが、その日は別のコンサートがあると言われてしまう。だが、「良かったら、あなたも来たら」の言葉に二つ返事で「絶対、行きます」と返す松山。

その日はアンソンの帰国送迎会をかねた宴会が公園で開かれていた。複雑な思いがありながらも、キョンジャのいる宴会をたずねた。松山はそこで、一曲キョンジャと「イムジン河」を奏でることに。二人が奏でる「イムジン河」によってキョンジャの親戚たちや聞いていた日本の人にも受け入れられた松山とキョンジャ。

少しずつ近づいていく二人の気持ち。アンソン率いる朝高と東高空手部の不良グループの対立。そして、まだ松山が知らない事。日本が朝鮮人にした過ち。住民票ももらえないアンソンらの境遇。ほかにもさまざまなことがうごめいていて、一言のラブストーリーだけでは語りつくせない。若いがゆえの笑いや悲しみ、怒りに喜びが込められている。
また「イムジン河」の爽やかな感じが、映画館を出たときに、何かを感じずにはいられなかった。

若いときだからこそ、知らなければならない事。知っておくべきことがあるなと響いた。日本人であるわれわれが出来ることって何かあるんじゃないかな。と考えさせられた作品の一つです。もちろん、そこには井筒監督ならではのユーモアのセンスも盛り込まれており、悲観的ではなく、笑いをふくんだ作品にうまく仕上がっている。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

The Bourne Supremacy

今日は、午後3時55分の回の『ボーン・スプレマシー』を観てきた。5分前に入ったにもかかわらず、すんなり席に座れたことに驚く。最近は、大作だと並ばなくても観れそうな気がしてきた。そんなこんなで、ビールを片手に映画鑑賞。『ボーン・アイデンティティー』の続編ということもあり、アクションやスパイモノが好きな人なら見ておきたい作品だと思う。

前回のストーリーから2年が経ったある日、インドで恋人・マリー(フランツ・ポテンテ)とひっそりとした生活を送っていたジェイソン(マット・デイモン)だが何者かによって放たれた一発の銃弾が、すべてを狂わせてしまう。再びジェイソンが一人・孤独な戦いの場に姿をあらわす。
一方、CIAのパメラ・ランディ(ジョアン・アレン)は内部の公金横領の捜査をしていた。ベルリンで重要な情報を握る情報屋とのコンタクトをとるため舞台をセットアップ。しかし何者かの手によって重要なデータも奪われ、エージェントと情報屋ともども消されてしまう。エージェント2人が消され、彼女に残されたのは唯一、暗殺者のモノと思われる指紋のみ。指紋から出されたサーチには『重要機密事項 LEVEL-5 トレッドストーン計画』の文字。彼女でもアクセスできないLEVEL-5事項。そこにかくされた仕掛けられたワナ。ジェイソンとCIAを結ぶ糸が再び絡み合っていく。。。

マリーが悩みを抱えるジェイソンに人としてのあり方を、解いている重要なパートがあるのだが、その後のジェイソンにふかく影響を与えている事で物語の展開にも厚みが増しているように思う。もうすこし深くこのあたりをえぐってくれたらなぁーて思ってみてました。カーアクションはたしかに面白い。カメラの動きの展開はスピード感があってイイのだが若干オーバーに感じた。

『ラン・ローラ・ラン』のフランツ・ポテンテは、個人的にも好きな女優。それにしても、Ocean's 12のマット・デイモンとは明らかにキャラは違ってて楽しめた。髪型は変わってなかったが。。
アクションとしてはかなり楽しめました。もっとジェイソンの内面の痛みをみたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Friday Night Light

今週の木曜日から今日まで海外に行ってきた。一人旅も悪くないもんだなぁーなんて思いながら旅立ったのだが、旅先で知り合った現地の人や僕と同じように初めての場所を満喫しようとしている人と接することで旅の醍醐味というのは変わってくるんだなと感じ、充実した日を過ごせた。

話は変わって今回機内で見た映画、『Friday Night Light』。主演はビリー・ボブ・ソートン。話は1988年テキサス州オデッサという田舎町での州立高アメフト部の話。そのシーズンのテキサス州立高校No.1を目標に、そこに描かれる人間ドラマを中心にまとめられている。よくあるハッピー・アメリカンサクセスストーリー的な話になっていないのがよかった。アメフトを知らない私でも、映画の中のゲームの面白さにすんなり入っていくことが出来た。今いる環境から抜け出すため、アメフトで大学の切符を手に入れようとする若者の夢と現実。才能ある若者を襲う悲劇や親の期待と
子が持つ想いの相違などが描かれている。

テキサス州オデッサという町がおかれている環境や生活描写がうまく描かれていたと思う。映画の中にも出てくるが、「完璧になれ! be perfect!」という言葉の持つ意味とは。。。
人生にとって大切な1ピースを語ってくれた気がする。

青春映画とだけで片付けられない映画に思えた。観て損はしないと思った映画の1本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

i ROBOT、将来のASIMO!?

多くの映画や漫画それにホンダやソニーのロボットにまで影響を与えたアイザック・アシモフのSFをベースに作られた本作品は、やはり題材も興味深く、人間とロボットの関係を知的に表現しているのだが、『A.I.』のような難解さはそれほど感じることなく見ることが出来た。
本作の主役を演じるのは、ウィル・スミス。『バットボーイズ』の頃はラッパー・フレッシュ・プリンスの頃からのイメージがまだ抜けていなかったが、本作のスプーナー刑事役ではキッシリと厚みのあるキャラクターに仕上がっている。それでいて、彼の個性的キャラクターも表現されていて見ていて気持ちよかった。

監督はアレックス・プロヤス。『ダーク・シティー』のようなより、コアなSFタッチを予想してもいたが、作品自体も大きいだけに監督のカラーは薄れていたような気もする。ロボットの細かい顔の表現も斬新で、アシモフ博士のイメージするロボットに近いのではと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)